症例ブログ

2015.06.17更新

患者w様の義歯装着後の口腔内写真

★★初診日:H27年6月1日 

★★患者名:W.H様(60才男性) 

★★欠損部位:1|123(4歯) 

★★義歯名:レジン床(保険適用)

●主訴『2年前位に他院にて作った義歯が合わなくて入れ歯に穴があいているので作りなおして欲しい』(Ⅿ社・社長の紹介)

  


 

★義歯製作:下顎の対合歯が挺出(のびていること)していたので尖端をCutして印象採得、咬合採得、仮床試適を得て義歯完成

 

★患者様の希望:6月13日㈯に天草で還暦同窓会があるので間に合わせてほしい。

 

★(装着後)患者様の感想:前の義歯は人工歯が短くて外側(唇側面)の歯茎に段差があり違和感があったが今度の義歯は以前より歯が長くなって外側(唇側面)の歯茎(歯肉)の段差がなくなってFit感があって、気持ちが良い。(気に入ってもらって私も安心致しました)

 

★患者様の質問:(製作途中で)先生が入れ歯を自分で作られるのですか?技工所に出さないんですか?

 

★院長の解答:はい。できる義歯は自分で作りますよ。もう大学卒業して35年になるので全て自分でやります。私も学生時代より父から厳しく教示され義歯製作のノウハウ、手ほどきも習っていましたので。

 

★義歯装着:H27年6月12日㈮

 

★義歯調整:6月15日㈪に痛い所、咬合が高い所の調整をしましたが『内側(口蓋側)の床に若干厚味があったので「さしすせそ」の発音が出しずらい』という指摘をいただき少々削って心もち薄くしたら『あーだいぶ良くなってしゃべりやすくなりました』という満足の評価をいただき大変嬉しかったです。

投稿者: 田上歯科医院

田上歯科医院 メールでのお問い合わせ 24時間WEB予約