症例ブログ

2015.12.26更新

 :

↑術前上顎(欠損状態)

 

::

↑術後上顎(適合OK)

 

:::

↑術前下顎(欠損状態)

 

::::

↑術後下顎(適合OK)

 



★★初診日:H27年12月4日㈮

★★患者名:M・M様(66歳)

★★補綴名:上両側・下片側、義歯・入れ歯(レジン床)

★★補綴部位:上・・・両側前歯部及び臼歯部

       下・・・右側臼歯部の義歯(4歯)

★★主訴:上下共に義歯が割れて破損したので修理をして新しく作りなおしてください!!



 

★患者様の希望:上下の義歯(入れ歯)を破損しないように新しく作り直して咬めるようにして下さい!!

 

★症例の経過:とりあえず義歯が割れた部分の修理をしましたが患者様が4~5ヶ月はめておられなかったので上下義歯の咬合調整をして折り合ったところで新しい印象(型)をとって上下の咬み合わせをとって歯を並べて(仮床試適)を致しました。

 

★義歯補綴物装着:H27年12月25日㈮上下の咬み合わせがうまくできたので院長自ら義歯を製作して上下5本のクラスㇷ゚(止め金)をややゆるめにして(硬いと止め金をつけている歯が痛くなるので)装着(セット)致しました。クラスㇷ゚の適合はバッチリで破損しないように義歯床(ピンクの部分)を上下共に厚くして補強線(湾曲した金属の線)で強化しました!!

 

★術後の観察・説明

上下の適合をうまくできて特に下顎の義歯をはめるときにうまくいけば『カチッ』という音がしてはまります。上の義歯のはめ方は、止め金が3本とレストがついているので右の方を先に入れて次に左の方をはめると容易に入りやすいです。2本の糸切り歯と義歯が平行になっていれば、容易に入りやすいです。義歯挿入のコツは入りやすい方から入れて平行になるようにもっていけばうまく入ります。コネてしまうと平行にならないのでうまく入りません。はめたばかりなので違和感がありますが徐々に慣れていきます。患者様より『以前の義歯よりフィット感、装着感が違うような感じがする』と言われて満足して頂きとても嬉しくて有難いです。

投稿者: 田上歯科医院

田上歯科医院 メールでのお問い合わせ 24時間WEB予約