症例ブログ

2015.12.28更新

上

↑上顎術前(欠損状態)

 

上。

↑上顎術後(適合OK)

 

下

↑下顎術前(欠損状態)

 

下。

↑下顎術後(適合OK)

 

 



 

★★初診日:H27年11月6日㈮

★★患者名:T・Y様(64歳)

★★補綴名:上下両側金属床義歯(入れ歯)

★★補綴部位

  上:両側前歯部及び臼歯部の義歯(入れ歯)(13歯)

  下:両側臼歯部の義歯(入れ歯)(8歯)

 



 

 

★患者様の希望:上のレジン床の義歯が破折しているので反対咬合の状態で咬んでいるので上下義歯を入れて咬めるようにして下さい。

 

★症例の経過:とりあえず右下小臼歯1本、左下小臼歯2本と左上小臼歯1本の合計4本の残根を抜歯して歯ぐきのかたまり具合をみて上下の新しい印象(型)をとりました。その後上下の咬み合わせをとりましたが、なにしろ咬みあう所がないので先代の院長(義父)より継承していた秘伝の咬合法をよみがえらせ舌の尖端を中央部より口蓋に寄せた状態で咬み合わせると下顎を前に出さなくて咬合ができると思います。結果その通りうまく出来ました。ここであまり咬みすぎてもいけません。丁度いい感じの咬合でした。その後歯を並べて(仮床試適)を致しました。咬合がうまくいったので試適もすごく楽でした。上下きっちり咬み合っています。

 

★義歯補綴物装着:H27年12月28日㈪上下の咬み合わせがうまくできたので院長自ら義歯を製作(金属床専門の技工所K-テックラボに発注)して装着(セット)しました。左上の1本のクラスㇷ゚(止め金)は適合もかたさもバッチリで下の両側ともローチ鈎でしっかり保持しているので義歯が安定しています。

 

★術後の観察・説明:上下の適合がうまくできて上の着脱は左上の小臼歯の部分が骨がふくらんでいるので左上の方に押し上げる感じではめて、はずす時は左上の一番後ろの義歯床のところをひっかけると容易にはずれます。しかしコネルと平行にならないので困難になります。下の着脱は共にローチ鈎なので両側の外側のひっかかりを爪でひっかけて上げると容易にはずれます。下の方もあくまでも平行に着脱するということがコツなのです。今までが反対咬合だったので顎関節(あごがきつくて)の異常性を感じると思いますが、あくまでもこの咬み合わせで慣れるというのが絶対条件ですが金属床は慣れるのが速いですので全然ご心配ありません。早く慣れて新年会でおご馳走が食べれるといいですネ!!

 

 

投稿者: 田上歯科医院

2015.12.26更新

 :

↑術前上顎(欠損状態)

 

::

↑術後上顎(適合OK)

 

:::

↑術前下顎(欠損状態)

 

::::

↑術後下顎(適合OK)

 



★★初診日:H27年12月4日㈮

★★患者名:M・M様(66歳)

★★補綴名:上両側・下片側、義歯・入れ歯(レジン床)

★★補綴部位:上・・・両側前歯部及び臼歯部

       下・・・右側臼歯部の義歯(4歯)

★★主訴:上下共に義歯が割れて破損したので修理をして新しく作りなおしてください!!



 

★患者様の希望:上下の義歯(入れ歯)を破損しないように新しく作り直して咬めるようにして下さい!!

 

★症例の経過:とりあえず義歯が割れた部分の修理をしましたが患者様が4~5ヶ月はめておられなかったので上下義歯の咬合調整をして折り合ったところで新しい印象(型)をとって上下の咬み合わせをとって歯を並べて(仮床試適)を致しました。

 

★義歯補綴物装着:H27年12月25日㈮上下の咬み合わせがうまくできたので院長自ら義歯を製作して上下5本のクラスㇷ゚(止め金)をややゆるめにして(硬いと止め金をつけている歯が痛くなるので)装着(セット)致しました。クラスㇷ゚の適合はバッチリで破損しないように義歯床(ピンクの部分)を上下共に厚くして補強線(湾曲した金属の線)で強化しました!!

 

★術後の観察・説明

上下の適合をうまくできて特に下顎の義歯をはめるときにうまくいけば『カチッ』という音がしてはまります。上の義歯のはめ方は、止め金が3本とレストがついているので右の方を先に入れて次に左の方をはめると容易に入りやすいです。2本の糸切り歯と義歯が平行になっていれば、容易に入りやすいです。義歯挿入のコツは入りやすい方から入れて平行になるようにもっていけばうまく入ります。コネてしまうと平行にならないのでうまく入りません。はめたばかりなので違和感がありますが徐々に慣れていきます。患者様より『以前の義歯よりフィット感、装着感が違うような感じがする』と言われて満足して頂きとても嬉しくて有難いです。

投稿者: 田上歯科医院

2015.12.22更新

術前模型(上下欠損状態)

・

↑術前

 

術後の装着模型(適合OK)

・・・・

↑術後

 



 

 

★★初診日:H27年8月18日㈫

★★患者名:N.M様(75歳)

★★補綴名:上下・両側臼歯部の義歯・入れ歯(レジン床)

★★補綴部位:①上顎で左側小臼歯及び大臼歯(4歯)

        右側小臼歯及び大臼歯(4歯)の合計8歯

       ②下顎で左側大臼歯(2歯)

        右側小臼歯及び大臼歯(4歯)の合計6歯

★★主訴:下の根が4本残っているので抜歯をして入れ歯を入れて咬めるようにして下さい。

 



 

★患者様の希望:右下と左下のブリッヂがはずれて根だけになったので抜歯をして義歯(入れ歯)を入れて咬めるようにして下さい。

★症例の経過:初診より右下(小臼歯2本、大臼歯1本)3本、左下1本(大臼歯)の合計4本が残根なので抜歯をして歯茎のかたまり具合をみて印象(型)をとって上下の咬み合わせをとって歯を並べて(仮床試適)を致しました。

★義歯補綴物装着:H27年12月8日㈫

上下の咬み合わせがうまくできたので院長自ら義歯を製作して上下4本のクラスㇷ゚(止め金)をややゆるめにして(硬いと止め金をつけている歯が痛くなるので)装着(セット)致しました。クラスㇷ゚の適合はバッチリです。

★術後の観察・説明

担し義歯の場合はセメントをつけたら終わりのかぶせものと異なり義歯装着で50%完成となり、残りの50%が義歯調整(義歯のあたっているところと咬み合わせで高いところを調整)をしているうちに慣れて違和感がなくなります。左上の小臼歯部分の外側が少しあたっていましたが調整していくうちに痛みもなくなり「余り痛くなくてとても調子いいですよ」といわれて満足感及び達成感がありとても嬉しかったです。

 

 

 

 

投稿者: 田上歯科医院

2015.12.19更新

術前模型(下の前歯2本抜歯済)

、

術前↑

 

術後の装着模型(適合OK)

、、

術後↑

 



 

★★初診日:H27年11月6日㈮

★★患者名:T・Y様(64歳)

★★補綴名:メタルセラミックス(フルベーク)

★★補綴部位:下の前歯6本ブリッジ(犬歯~犬歯までのうち下の正面前歯2本抜歯後欠損)

★★主訴:入歯を入れて咬めるようにして下さい。

 



 

 

★患者様の希望:30数年歯医者に入っていないので必要な治療をして上下入歯を入れて咬めるようにして下さい。

★症例の経過:初診よりX線の結果正面前歯の根に病巣があるので正面2本を抜歯して右下の2番目は痛んでいたので根管治療をして根をつめました。痛みがないので上下の咬み合わせの高さを考慮して支台形成をし印象(型)をとりました。

★補綴物装着:H27年12月12日㈯ 6本のブリッジの適合が硬くなくてバッチリだったのでセット(装着)致しました。

★術後の観察・説明

経過良好ですが、初めてのブリッジなので最初は違和感がありますが徐々に慣れてきます。ご心配ありませんよ。

★患者様の評価

審美的に丁度マッチした色合い(A3)で適合もよく虫歯の面がなくなり納得した笑顔だったのでとても嬉しくて安心致しました。

このあと上下の金属床義歯の製作予定です。

投稿者: 田上歯科医院

田上歯科医院 メールでのお問い合わせ 24時間WEB予約