見た目の美しさから噛む機能の回復まで

ご相談は熊本市東区の田上歯科医院へ

ai_sec_tel001.png 24時間WEB予約

義歯(入れ歯)

オーダーメイドでさまざまな悩みに対応します。

田上歯科医院の入れ歯への考え

先代の医院長の頃から特に力を入れていた部分です。
虫歯や歯周病、ケガなどによって多くの歯を失った場合、義歯(入れ歯)を入れることによって、咀嚼機能を回復するという処置を施します。
失った歯の部位は当然のことながら患者様によって異なります。そのため、すべてオーダーメイドとなります。

入れ歯診療の流れ

  1. 1
    口腔内の検査
    虫歯や歯周病、欠損の状況など口腔内を検査します。口腔内の状況は、患者様一人ひとりまったく違います。 状況を正確に把握し、部分入れ歯・ブリッジ・総入れ歯などの適切な診療方法を検討します。
  2.  
  3. 2
    状況説明
    患者様の口腔内の状況を、デジタルデータなどを用いてじっくりとご説明します。
    患者様のご希望を汲み取りながら、保険適応内や保険適応外などの治療方法を決定していきます。
    患者様がご納得いただいたうえで治療を開始いたします。
  4.  
  5. 3

    義歯(入れ歯)作製
    1. まずはしっかりと型取りをします。この作業がキチンとできていないと、キチンとした義歯が作成できません。症例によって精密印象を行う場合もあります。

    2. 次に噛み合わせを確認し、調整します。型にそって作製したパラフィンワックスなどを用いて、噛み合わせを調整します。
    特に上下総義歯の場合は、基礎となる自分の歯がないので、噛み方によって噛み合わせがずれやすくなります。
    そうならないために、慎重に見極めて噛み合わせの調整を行ないます。前院長からも特に厳しく指導されてきた部分です。

    3. 歯を並べて、患者様に合った配列をして、特にスマイルラインに気をつけて調整します。

    4. 義歯ができあがってセット(装着)になります。

    5. 完成装着後咬合の高いところ及び痛いところを調整致します。

田上歯科医院の入れ歯メニュー

金属床義歯

義歯床が金属でできている入れ歯です。
義歯床を金属にすることで、入れ歯を薄くすることができます。保険義歯に比べて『装着時の違和感がなく、破損する心配が少ない。口腔内が広くなりしゃべりやすくなる。食べ物の熱い冷たいがわかるので食事をおいしく食べられる』、などの利点があります。違和感が少なかったりするといった利点があります。
金属のため、たわみが少なく残った歯に優しいのも魅力のひとつです。

費用:200,000円/床(1顎につき)

保険義歯

保険適応なので安価というメリットがあります。部分入れ歯の場合は、クラスプという金属のバネが付いたものを、横の歯に引っかけて装着します。
総義歯の場合は義歯床がプラスチックになるため、分厚くなりやすかったり、安定せずに違和感が強くなりやすかったり、咀嚼能率(ものを噛む能力)が天然の歯の役10~20%と低くなります。

ノンクラスプ義歯 (キレイデス)

スーパーポリアミドナイロン樹脂という素材でできている、金具を使用しない義歯です。
薄く、軽く、弾力があるのが特徴で、「スマイルデンチャー」「フレキサイト」「バルプラスト」などがあります。
装着感と見た目に優れていますが、比較的短期間(2~3年)で定期的に作り直す必要があります。
保険診療適応外です。

 

費用: 80,000円~200,000円

田上歯科医院 メールでのお問い合わせ 24時間WEB予約