見た目の美しさから噛む機能の回復まで

ご相談は熊本市東区の田上歯科医院へ

ai_sec_tel001.png 24時間WEB予約

お悩み別メニュー

入れ歯の痛み

入れ歯を入れて食べると、痛くて食べられないということがあります。
これは、入れ歯が歯茎に合っていないということが考えられます。
入れ歯を入れてみて、手で全体を押さえたときに痛みが出るのは、入れ歯が合っていないということでしょう。
また、手で押さえても痛くないのに、物を食べると痛みが出るのは、上下のかみ合わせに門外があり、そこを調整しないと痛みはとれません。

総入れ歯のときは、入れ歯が合っていないだけでなく、義歯の床が当たって起きる(褥瘡性潰瘍)の患者さんも多くいます。いずれにしても、歯科医院での調整が必要となってきますので痛みを感じる場合はご相談ください。

入れ歯が外れる

入れ歯が安定せず、「うまく噛めない」「入れ歯が外れる」といったトラブルもあります。

総入れ歯の上の入れ歯の場合は顎骨が固定されているので、比較的義歯が安定して外れにくい。しかし下の入れ歯の場合は顎骨が前後左右に動くため義歯が安定しにくくて浮き上がってくる。また床(歯ぐきのピンク色の部分)が厚かったり、長すぎても、吸着(吸い付き)や浮き上がり・痛みに影響します。

部分入れ歯の場合、外れるのは入れ歯を維持する金具がゆるんでいるか、合っていないというのがほとんどです。入れ歯に慣れてくると、手ではなく、入れ歯を口に入れておいて噛んではめようとする人が出てきます。上手くいけばよいのですが、ときには金具が曲がってしまい、合わなくなってしまうこともあるので、部分入れ歯は、手ではめるように努めましょう。

入れ歯が合わず話しにくい

会話の途中に入れ歯がはずれるなどという話は良く聞きますが、原因としては入れ歯の厚みが厚すぎる、入れ歯に使用しているバネが引っかかるなどということが考えられます。厚みが厚すぎる場合は削ってしまえば済む話ですが、薄くし過ぎると耐久性に問題が出てしまいます。厚みの調整やバネの調整も、これまでに数多く修理してきた経験がありますので、お気軽にご相談ください。

入れ歯安定剤を使いたくない

入れ歯の安定剤を使っていると、食事の途中や会話の途中に外れるということがあります。使用感についても違和感があり、できるだけ使いたくないという方も多くいらっしゃいます。歯茎が痩せてしまい入れ歯と歯茎の間に隙間ができ、合わなくなった場合でも、入れ歯の安定剤を使わなくてもお使いいただけるように修理できる場合もありますのでご相談ください。

入れ歯の修理について

入れ歯を長年使用していると、入れ歯が破損したり、独特な臭いが出てきてしまいます。また、年齢を重ねるとともに骨が減り、粘膜が薄くなり入れ歯を作った時と比べてピッタリと合わなくなったなど多くのご相談を受けます。よくあるご相談として、人工歯が破損した、金属バネが壊れた、ピンク色の床の部分にヒビが入ったなどがありますが、それぞれ入れ歯の状態によって修理で治るのか、新しく作り直すのか対処法が変わってきます。当院では入れ歯の修理のほか様々な種類の入れ歯を取り扱っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

田上歯科医院 メールでのお問い合わせ 24時間WEB予約